忍者ブログ

念願のロードをゲットしたmadekiによる自転車に関する(不定期)日記・・・・・。

足動二輪日記

   

BRM414もてぎ参加

昨日は300を走ってきました~。

4時半に起きて5時に出発、スタート地点近くまで車で送ってもらい準備。
6時に受付、あとはブリーフィングと車検で7時にスタート。

START-PC1
最初のウェーブで出たものの、遅めの速度のため、そこそこ抜かれる。市街地とあってちょっと混んでたかな~、前半は追い風予想なので焦らず、ただし後半の途中いつ雨来るか若干不安でした。
そこそこのペースで走りPC1へ、10時位。

PC1-PC2
ミニ粒あんパンゲットしてもぐもぐ、ここら辺は人多い。でもすぐ出る人もいるので入れ替わりが結構あったかな。一つ残してポケットに入れて出発、おっと、その前に着ていたカペルミュールのレインウェア(少し寒かったので着てた)も仕舞う。
長めの80㎞、有人チェックはその半分。峠も3つくらい?
レインウェア脱いだせいかやはり寒い感じが・・でも登りもあるし正解だろうと走る。
不動峠に入って1週間で2度目の登り。練習している人もいるせいか追い抜かされたり対向で来たり、先週より3分ほど遅いがなんとか登ったので一休憩してから今度はスカイライン、登りで抜いて下りで追いつかれを何回か繰り返す(うーん絶望的に下りが遅い。)風返しのところから下りなのでもっかいウェアを着たけどちょっと微妙だったかな~、下ってから今度はきのこ山へ。
きのこ山とウィンドパワーで結構体力消耗、10%超えが多かったせいか・・・。あまり頑張りすぎて後半に響いたかも。
汗でびっしょりになりながら登って下って登って下ってをして有人チェック。
いちごのどら焼きとアップルジュースを頂いた(^^)/
道祖神と仏の山峠はそんなでもないよとアドバイスを受けたものの道祖神のところは結構長かったかな~、後ろから来た人と少し会話をしながら登って、一番上あたりで休憩するとのことで先に行かせてもらった、びゅーんと下って笠間を通って仏の山峠、何回か走ったことがあるのでここはだいたい問題無し、ちょっと疲れてるけど。
下って道の駅に行く道途中でさっきの人が追いついたので、ちょっと足が厳しいです~と言ったら先に行ってもらえた。しばし久々の道を走ってPC2へ。13時半過ぎかな。

PC2-PC3
有人チェックのところだけ晴れていて、ここはまた曇りで若干寒いので、ブリトーとおにぎり(温めてくれた)をもぐもぐ、ホットレモンをボトルへ。
若干長かったけど出発。PC2の写真を撮らなかったのに気付いてその先のツインリンクの看板でもと思ったら入り口側ではなく裏側?だったので撮れなかった・・・。
そして山間?というか里山っぽいところをびゅーんと走る。制限時間なくて暖かかったらのんびり走りたい雰囲気でした。
今回の最北端?辺りで今度は南下。
向かい風を恐れていましたが意外といける?道路沿いのノボリも北東の風みたいな様子。
結果的に城里町辺りまで結構軽快にこげた。
そして水戸市に走ったら向かい風、峠で疲れ果ててる足にはきつい。速度も20-22とか。
PC2に居た人に抜かされたり。そして後ろに一人付かれたので、声かけてみたりしてしばしご一緒に走りました。途中びみょーに雨っぽいのが来た感じがしましたがまだ大丈夫。
PC3手前5㎞くらいで流石にきついですみたいな感じで話したら、「じゃあ前引きましょうか!」と引いていただけた( ̄ロ ̄;)かなり助かりました。PC3についてお礼を言ってなんとか休憩。17時半過ぎ。

PC3-PC4
次のPCまでまだ向かい風なので少々ゲンナリですが、何か食べようとおにぎりとアンパン。ホットレモンも。
おにぎりだけ食べて出発。
今度は一人なのでもろに風を受ける。速度も20前後。さすがに暗いので全てライト点灯。
後は雨が本降りなるかどうかだけ。ここからはほぼインナーx真ん中あたりのギアで、利根川手前あたりだったかついに雨が降り出して、最初は路面もまぁまぁだったのでこれはやめば大丈夫かな~という感じでした、雨の強弱が多くなり結局普通の雨粒ぐらいでしかも風強い( ̄∇ ̄;
速度も17-20とか・・・、これには堪えました・・・。
途中でPC3に居た人が風が吹いてないような速度で走り去っていったので、やはり体力が違うのかな~。
多古に入って市街地で一瞬追いついたけどまた千切れた。そして雨脚が強くなる中PC4到着。ギリギリの精神。20時半過ぎ。

PC4-GOAL
イートインで3人くらいいたけどお疲れの様子、若干食欲なかった(雨に濡れて寒かったのが原因?)けど食べないとダメと思ったのでリポDとミネストローネスープ。あとさっぱりしたいので麦茶。
先ほど引いて頂いた方が居たのでちょっと会話(きつかったですね~とか雨止みますかねとか)をして先に出ますということでさようなら、何とか食べてボトルに詰め直してスタッフの人もいたのでここでもちょっと会話、63人出走の今現在で50名走ってるらしいとのこと。
きちんとした雨具を着るべきかここだけということでがんばるか迷ったけどそのままで行くことにした。
出ようとした瞬間風で水たまりに雨がたたきつけている感じでしたがえいやっとでてすぐにレーパンとタイツが浸水Σ( ̄ロ ̄;)、靴は既に濡れてたけどヒンヤリしてきたので靴下もダメか・・・。
この先の一部の道だけまた走ったことがある道で方向も西向きに変わるのでそこまで頑張る。
夜で雨だとヘルメットライトだけだとGPSナビの液晶に水滴がついて見づらいのが難点、見る度に拭ったり、キーを押して光らせたり。水たまりはなるべく避ける、怖いけど白線もやむなしという場面も。
そして知っている道に出たのでちょっと元気回復、ギヤはアウターにかけると坂で失速しそうなのでそのまま、クルクルと。
車の避ける幅が大きいおかげかその面のストレスは少なかったかな・・・。
酒々井越えて印西?へ知らない道も結構あった、印旛沼の北東辺りも。田んぼ道でカエルと蒸しが結構鳴いていた、街灯はあったけど車が1台か2台通ったくらいでほぼ一人だけ、昼にもっかい走ってみたいな~と思った。
途中でさっきの人にまた抜かされたけどもはや脚は現状維持で精いっぱい、向かい風が来たら終わるだろうという感じでひたすら回す。
突然印旛沼の南と北の間に出て、そういえばここに来るんだっけとぼんやりと思い出しながら464への道へ。バイパスへの坂道キツイ。
少し走ったものの眠いのかハンガーノック気味なのか微妙だったので途中で止まってアンパンを食べる(3/4くらい途中途中で食べてたので残りをもぐもぐ)少し元気が出て、手賀沼へ向かう。
手賀沼手前の川沿いの道は横風というか若干向かい風?でまたまた速度ダウン、でも残り10km切っていたので最後CRまで行けば知っている道だと思いながらひたすら漕いでついにCR!
雨も止んで最後の最後追い風、無事ゴール23時半すぎてた。
ゴール受付を済ませてロールキャベツと試作おやつ!を頂く。
迎えに来てもらった車に詰め込んで家へは1時前に着いたけど雨と風がいきなり強くなってまた濡れてしまった( ̄∇ ̄;

寝る前に軽くふいてオイルさして就寝、お疲れさまでした。

Time 16:44
Dst 305.30 ㎞
Av 18.2 km/h
Odo 4208 km
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
11 12 13 14 15
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

プロフィール

HN:
madeki
性別:
男性
趣味:
自転車
自己紹介:
LAPIERRE Xelius EFI Ultimate 2014
フルカーボンのフレームセットにアルテ6800 11Sです。
・練習用
コスミックエリート 2012 11S化
Lition3
・決戦用
EA90SLX '09? 2014/04に11S化
PRO4
7.2kg位。

FFWD F4R 限定カラー

Wilier La Triestina '09 ランプレカラー
今では少し珍しい カーボンバック
105装備...といってもミックスコンポ。
→'17に6800で11s化!
サドル セライタリア SLR フロー
装備
・練習用
Racing5 LG Lition3
サドルバックやらごちゃごちゃ装備で9.7kg
EA90SLXせっとヾだと9.0kg
重い・・・。

'09クロス走行分
Odo 701.89km
'09ロード走行分
Odo 2,716.0km
'10ロード走行分
Odo 4,195.0km
'11ロード走行分
Odo 2,628.0km
'12ロード走行分
Odo 4,445km
'13ロード走行分
Odo 7,602㎞
'14ロード走行分
Odo 9,022km
'15ロード走行分
Odo 9,393km
'16ロード走行分
Odo 11,387 km
'17ロード走行分
Odo 13,520 km
'18ロード走行分
Odo 14,631 km

最新記事

(11/17)
(11/16)
(11/10)
(11/09)
(11/04)

ブログ内検索

Copyright ©  -- 足動二輪日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]